ブラジルをあそぶブログ  VIVAカリオカ!

執筆、撮影、コーディネート、リサーチなどお仕事の依頼に関しては naoko@wasabi-brasil.comまで。ブラジル、リオデジャネイロ在住15年目のコーディネーター、ライター、カメラマンのパパイア・マンゴー日記。

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0426

難民に捧げるファション  

サンパウロファッションウィークで発表された、ロナルド・フラガの新作。
難民に捧げるテーマで、デザイナー自身が自らアフリカなどを回って得たインスピレーションを形にしたもの。



写真はここ
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/26 Tue. 14:45 [edit]

CM: --
TB: --

0310

ウンバンダ  

ナイジェリアやベナンのヨルバ族の奴隷によりブラジルへもたらされた宗教が、カンドンブレ。カトリックと同時に信仰する人が多いのが特徴で、アフリカの宗教とキリスト教が混ざった形だ。ウンバンダ(Umbanda)は、キリスト教と心霊主義の教義を合わせたもので、20世紀に登場したブラジルの新興宗教。
ブラジル一といわれるウンバンダの儀式が行われるテヘイロは、クリチバにある。




Posted on 2015/03/10 Tue. 11:23 [edit]

CM: --
TB: --

0222

リオのカーニバル優勝チームとアフリカの独裁者  

2015年リオデジャネイロのカーニバルの優勝チームは、ベイジャ・フロール。ニロポリスを拠点とする1948年創立の名門校だ。

カーニバルチームと違法ギャンブル組織、政治との癒着は今に始まったことではなく、またスポンサーの財政援助が力を持つため、これまでにも大手スポンサーに都合のいいテーマを表現してきたチームは少なくない。
今回物議を醸しているのは、ベイジャ・フロールのスポンサーになった赤道ギニア共和国の大統領の存在だ。赤道ギニア共和国のテオドロ・オビアン・ンゲマ・ンバゾゴ大統領は、今回1000万レアル(約4億2000万円)を支援。ベイジャ・フロールは、赤道ギニア共和国を褒め称える歌や踊りを披露したというわけだ。

オビアン大統領は1979年に武力クーデターで実権を奪って以来、政権の座に現在まで留まり、親族を権力のある地位に配置し軍事独裁体制を誇ってきた。国連の2011年人間開発報告書によれば、赤道ギニアの1人当たり国内総生産(GDP)は31,779ドルにのぼるのに、人間開発指数では187ヶ国中136位に位置している。2000年の平均寿命は53,1歳で、子どもたちの平均通学年は5,4年。 国連によれば国民の半分が上水へのアクセスがあり、5歳前の子どもの死亡率は10%。国民の70%が一日に2ドル以下で生活しているとされている。石油など豊富な資源による収入は、大統領とその親族で分配され、大多数の国民の貧困解消にはつながっていないのだ。公的資金の不正著財など、国内外で調査対象になっており、たとえばこの大統領は、フランスなどの国から入国を拒否されている。国内では政府関係メディア以外の情報を発信する媒体はなく、たとえばソーシャルネットワーキングサービスなどには国民はアクセスすることができないという。汚職、抑圧などは、ヒューマン・ライツ・ウォッチなどからも非難されている。

さて、そんな赤道ギニアのトップ、オビアン大統領はカーニバルの大ファン。16日の夜には12万レアルのVIP席に大統領とその息子も登場。次の日にはシュラスカリアで肉を堪能したが、そこでは約7万9千レアルを費やしたという。
しかしオビアン大統領が所有する、サンパウロのジャルジン地区にある1500万ドルの不動産、リオデジャネイロ、イパネマ地区の8千万ドルの不動産物件、そしてオスカー・ニーマイヤーが設計した1千万ドル(予測)のアパートは、2013年より調査対象になっている。ちなみにフランスでは11の高級車、59万8千ユーロの時計、22万ユーロと予測されている陶磁器の花瓶などが欧州されており、アメリカでは1998年から2004年にかけて7億ドルの不正金で調査対象となっている。

ベイジャ・フロールは、同団体のテーマは政治とは何の関係もない主張し、赤道ギニアの人々と、国の豊かさ、美しさを表現したものだとしているが、今日のチャンピオンパレードでまた、赤道ギニアからの援助金問題が話題に上ることは間違いないだろう。

ベイジャ・フロール2015年のパレードの様子はここ





Posted on 2015/02/22 Sun. 03:59 [edit]

CM: --
TB: --

0216

AYO Slow, Slow (Run Run)   

AYOはナイジェリア人とロマ人を両親にもつ、ドイツ出身の歌手ですが、リオデジャネイロで撮影を行ったミュージックビデオがこれ。



ロマ人で思い出すのが、17世紀末ごろに、ブラジルにも「シガーノ(ジプシー)」と呼ばれる人たちが訪れたこと。ポルトガルの船でヨーロッパからやってきたという。現在ブラジルでは、ロマとCalongが中心だ。リオデジャネイロではCampo de Santanaがジプシー地区としてしられている。

Posted on 2011/02/16 Wed. 21:31 [edit]

CM: --
TB: --

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

ブロとも申請フォーム

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。