ブラジルをあそぶブログ  VIVAカリオカ!

執筆、撮影、コーディネート、リサーチなどお仕事の依頼に関しては naoko@wasabibrasil.comまで。ブラジル、リオデジャネイロ在住17年目のコーディネーター、ライター、カメラマンのパパイア・マンゴー日記。

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0227

470万円のコンクリートの家が受賞  

サンパウロのVila Matilde地区の住宅が、「Building of the Year 2016」の14のベスト建築の一つに入賞。
2014年に6ヶ月の建築期間を経て完成した住宅で、ほぼ全てがコンクリートでできている。74歳の家政婦の女性が。30年間貯金して貯めた15万レアル(現在約470万円)が全資金。実現したのは Terra e Tuma建築事務所。



写真と間取り図はここ

「Building of the Year 2016」の入賞建築物結果はここ
スポンサーサイト

Posted on 2016/02/27 Sat. 12:10 [edit]

CM: --
TB: --

1105

ブラジルで初めて造られた道  

ブラジルで初めて造られた道は、その昔の首都、サルバドールにある。
サルバドールの中心部にあるチリ通りだ。
1549年に当時植民地自治州知事により建設。長さ400メートル。

サンタ・ルイーザ・ヂレイタ通り、聖ベント・ポルタ通り、パレス通りなどの名前をへて、1902年にサルバドール議会により、その年のチリ海軍のブラジル訪問を記念して、チリ通りと名前が付けられた。この通りでチリの海軍のパレードが行われたのだ。

長年にぎやかな商店が立ち並んでいたこの通りだが、現在はその面影もなくひっそりとしている。
この歴史あるストリートを復活させようと、現在サルバドール政府は復旧作業に取り組んでいる。このストリートを中心としたツーリズムスポットをつくろうという動きだ。チリ通り周辺の邸宅やパレス、そして123軒あるといわれる植民地時代の建物を修復しようというのだ。完成したらチリ通りの周りはレストラン、ライブハウス、ホテル、アートギャラリーで溢れる予定。

Posted on 2015/11/05 Thu. 10:59 [edit]

CM: --
TB: --

0703

ブラジルの日本建築  


象徴主義的な日本庭園、たたみ、布団。日系社会を超えてブラジルで人気。

Posted on 2011/07/03 Sun. 04:50 [edit]

CM: --
TB: --

1101

インターナショナル建築ビエンナーレ  

10月31日から11月6日まで、サンパウロイビラプエラ公園で第8回建築ビエンナーレが行われている。建築家、学生がプロジェクトを発表し、ワールドカップ五輪に向けた都市建築について議論する。20万人の参加が見込まれている。

前回のビエンナーレの様子

Posted on 2009/11/01 Sun. 09:32 [edit]

CM: --
TB: --

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

ブロとも申請フォーム

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。