ブラジルをあそぶブログ  VIVAカリオカ!

執筆、撮影、コーディネート、リサーチなどお仕事の依頼に関しては naoko@wasabi-brasil.comまで。ブラジル、リオデジャネイロ在住15年目のコーディネーター、ライター、カメラマンのパパイア・マンゴー日記。

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0606

チリで半世紀ぶりに火山が噴火  

6月4日、チリで、首都サンティアゴから南に約920キロ離れたアンデス山脈のプジェウエ火山が噴火。周辺地域からは約3500人が避難している。 プジェウエ・コルドンカウジェ火山群で前回噴火が観測されたのは1960年。隣国アルゼンチンではスキーリゾートや、空港なども影響を受け閉鎖。噴煙が上空10キロに到達し、また雷も発生している。中程度の噴火は続いており、MetSulによれば火山灰はブエノスアイレス、ウルグアイのモンテビデオ、ブラジルの南部にまで達すると予測されている。





スポンサーサイト

Posted on 2011/06/06 Mon. 02:33 [edit]

CM: --
TB: --

1108

チリ鉱山事故で2人死亡  

11月8日、チリ北部、Puquiosの銅と金の新しい鉱山でダイナマイトが爆発し、作業員2人が死亡。
原因は古いダイナマイト装置を使用したこと。8日は鉱山の操業開始の日で採掘作業を始めるところだった。
事故現場は33人の作業員が27日間閉じ込められたサン・ジョゼ鉱山から近く、コピアポから50キロに位置する小さな鉱山。居合わせた26歳と40歳の作業員が死亡。そのほかの5人は爆発から逃れることができたが、左目を負傷した作業員もいる。爆発発生当初はブラジルでも、2人が閉じ込められたと発表されており、33人の救出ストーリーを思い起こさせた。また救出劇で支持率の上がったチリ大統領だが、度重なる事故に国民から批判の声が聞こえてきそうだ。

Posted on 2010/11/08 Mon. 22:00 [edit]

CM: --
TB: --

0831

チリ落下事故 息子の出産に立ち会えない作業員   

チリ北部の鉱山で起きた落盤事故で、作業員救出の作業が30日に始まった中、閉じ込められている作業員の一人、Ariel Ticonaさんの心配事は息子の出産に立ち会えないこと。アリエルさんは最初の撮影に参加しなかった1人で、うつ状態が心配されていた。しかし二度目の動画では同僚がアリエルさんを「恥ずかしがりや」とコメント。日曜日の初めての電話では、一分間の会話の中で、出産の様子をビデオで撮影してほしいと発言した。

作業員の元気な姿を映し出す新しい映像

Posted on 2010/08/31 Tue. 19:40 [edit]

CM: --
TB: --

0825

チリの鉱山落盤事故 サッカーの元チリ代表選手も被災  

地下700mの、チリの鉱山の地下避難所に、33人の作業員33人が閉じこめられた落盤事故。
33人は17日間、2日に一度ツナ缶とビスケット、ミルクを食して生存していた。
33人の中にはサッカーの元チリ代表選手のフランクリン・ロボスも含まれている。フランクリンは鉱山で運転手として働いていた。
現在食料が届けられ、電話での会話も開始された。家族からの手紙も届けられている。

救出プロジェクト画像はここ

33人の無事を知らせるセバスティアン・ピニェラ大統領

Posted on 2010/08/25 Wed. 02:29 [edit]

CM: --
TB: --

0227

チリ地震死者300人、200万人被災  

マグニチュード(M)8・8の強い地震がチリ、コンセプシオン近くで発生。死者は300人を超え、200万人以上が被災。現在コンセプシオン、首都サンティアゴで電気・水道が途絶。高速道路も数か所で崩落した。ハイチ地震より規模は大きいが、いくつもの大地震を経験しているチリでは、都市整備に備えがあり、被害はハイチのように広がらない模様。

写真


アルゼンチンでもマグニチュード6,3を観測。2人死亡。
ブラジルにも揺れが到達

Posted on 2010/02/27 Sat. 22:12 [edit]

CM: --
TB: --

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

ブロとも申請フォーム

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。