ブラジルをあそぶブログ  VIVAカリオカ!

執筆、撮影、コーディネート、リサーチなどお仕事の依頼に関しては naoko@wasabibrasil.comまで。ブラジル、リオデジャネイロ在住17年目のコーディネーター、ライター、カメラマンのパパイア・マンゴー日記。

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

1115

農薬大国のオーガニックブーム  

2008年よりブラジルは、世界最大の農薬消費国だ。1年間に投与される農薬の量は、ブラジル人1人あたり5,2リットル。ANVISA(ブラジル国家衛生監督局)の2012年の調査によれば、29%のブラジル国内の試作農作物が、残留基準値を超えている、もしくは国内で許可されていない農薬が使用されているとしている。またブラジルは米国に続き、世界第二の遺伝子組み換え食品大国でもある。90年代の終わりに違法にもたらされたGM種子は瞬く間に広がり、現在国内で生産される大豆の75%は遺伝子組み換えだ。

そんな中、食卓の危機に敏感なブラジル人の間で、オーガニック食品の需要が高まっている。オーガニック食品の青空市、スーパーにはオーガニックコーナーが設けられ、またオーガニック食品のみ扱うネットショッピング、共同購入システムも各地で発展している。しかしオーガニック食品の値段は、非オーガニック食品の30%増。砂糖などは170%も高値をつけるのも現実だ。

Posted on 2013/11/15 Fri. 01:32 [edit]

CM: --
TB: --

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

ブロとも申請フォーム

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。