ブラジルをあそぶブログ  VIVAカリオカ!

執筆、撮影、コーディネート、リサーチなどお仕事の依頼に関しては naoko@wasabibrasil.comまで。ブラジル、リオデジャネイロ在住17年目のコーディネーター、ライター、カメラマンのパパイア・マンゴー日記。

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0925

破綻した億万長者  

300億ドルの資産でブラジルで最もお金持ちに輝いたことのあるエイク・バチスタ氏。石油・鉄鉱石開発、観光、エンターテイメントなど幅広いビジネスを手がける、ブラジルの複合EBXグループのカリスマCEOだ。EBXグループの中核だった、石油ガス開発を手がけるOGXが2013年に負債総額112億レアルを抱えて経営破綻。中南米歴史上最大の破綻で、資源価格が高騰する中、資金を集め経営拡大しようとしたことが原因とされている。米フォーブズ誌で世界7位の富豪にたたえられてから、1年半後のできごとだった。
2013年末より、エイク・バチスタ氏は所有する高級車、ジェット機、クルージング船などを次々と売却。2014年には、ヨーロッパのアクロングループが、1922年築のリオの5つ星ホテルで、2008年にバチスタ氏が購入したグローリアホテルを購入。また470人いた本部の従業員は約50人に削減。また8月には破綻したOGXの事務所が所有していた、食器、カーテン、ユニフォームなどが売りにだされ、その最期にまた注目があつまった。
「中間層に生まれた。そこに戻るのもビジネスだ。ファミリーにとっては強烈だけどね。」というバチスタ氏。
現在ソーシャルネットワークに飛び交う彼の運命を皮肉る言葉は「エイク・中間層」。ビジネス判断の失敗により、あっという間に転落した彼だが、カリスマビジネスマンとしてたたえる人もまだ多い。資源会社という、現在のブラジルの旬である資源資源を基盤に急成長したバチスタ氏の破綻は、まだまだブラジル社会を沸かせている。






Posted on 2014/09/25 Thu. 07:02 [edit]

CM: --
TB: --

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

ブロとも申請フォーム

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。