ブラジルをあそぶブログ  VIVAカリオカ!

執筆、撮影、コーディネート、リサーチなどお仕事の依頼に関しては naoko@wasabibrasil.comまで。ブラジル、リオデジャネイロ在住17年目のコーディネーター、ライター、カメラマンのパパイア・マンゴー日記。

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

1207

アマゾン村  

ブラジル・アマゾンの中州にある町、雄牛の祭りで知られるパリンチンスの川の向こう側にある、ビラ・アマゾニア(アマゾン村)。かつて日本から密林を開拓すべく海を渡った、高拓生とよばれる移民グループが築いた村だ。ブラジルには戦前、戦後と多くの日本人移民がブラジルに渡ったが、その中でも高拓生は30年代に日本で農業実習をうけた、日本高等拓殖学校の卒業生たちのことを指す。38年までに家族もあわせて約400人が、「アマゾニア産業研究所」経営の移住地に入植した。ジャングルでの試行錯誤、世界大戦中のブラジル政府による迫害、想像を絶する苦労話は今でも絶えない。しかし尾山良太氏の育てたジュート(黄麻)は、この地区の経済を後押しし、また良質な病院、学校は、当時アマゾン一といわれるほどだったという。
現在アマゾン村には、高拓生が築き上げた建物、そして日本人墓地がひっそりと残っている。



Posted on 2014/12/07 Sun. 11:49 [edit]

CM: --
TB: --

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

ブロとも申請フォーム

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。